【保存版】ネックレスを発送するベストな方法と梱包方法を徹底解説

公開: 2021/06/15

【保存版】ネックレスを発送するベストな方法と梱包方法を徹底解説のサムネイル

ネックレスはとても目につきやすいアクセサリーです。だからこそ傷がつかないように細心の注意を払って発送する必要があります。梱包時の厚みを見越した発送方法を知っておきましょう。今回は安全でリーズナブルな発送・梱包方法を紹介します。

ネックレスのオススメ発送方法はスマートレター!

スマートレターイラスト

ズバリ、ネックレスを発送するときのオススメ発想方法はスマートレターです。

スマートレターのメリットを紹介していきます。

全国一律料金で発送できる

スマートレターは税込180円の専用封筒を購入する必要があります。

しかし、それ以外に送料などはかかりません。発送先や重さに関係なく全国一律料金で発送できる点は大きなメリットです。

厚みが出ても問題なく発送できる

スマートレターは厚さ2センチまでの品物であれば発送ができます。

ネックレスそのものには厚みがありません。しかし、プチプチなどの梱包材でくるむと、どうしても厚みが出てきます。

通常の定形郵便は厚さ1㎝までの品物しか送れません。梱包材でくるんだネックレスを発送する場合、厚み制限の面では心もとないです。その点、スマートレターは厚みの面では余裕がある点がメリットです。

信書を送ることができる

スマートレターは信書も送ることができます。

信書は請求書や見積書など個人名が書かれた書類全般を指します。こうした書類は信書が発送できる手段で送る必要があります。

**ネックレスは新品、特に高価な品物であるほど、納品書などの書類を同封しておいた方が丁寧な印象を相手に与えます。**信書を送れるスマートレターはぜひ活用したいところです。

逆に、以下は信書を送れない発送方法です。くれぐれも注意しておきましょう。

(信書を送れないサービス)

  • ゆうパック
  • ゆうメール
  • ゆうパケット
  • クリックポスト

ビジネステンプレート

宛名作成サービスを使える

スマートレターは宛名作成サービスを使って送り状を作成できます。

宛名作成サービスとは自宅のPCを使って送り状を作成できるサービスです。手書きの手間を省くことができます。

宛名作成サービスを使う時はlabelmake.jpのサービスをオススメします。送り状はもちろんのこと、先ほどお伝えした信書も無料で作成することもできます。

特にネックレスは高価な品物が多いため、納品書や請求書の同封は珍しくありません。送り状・信書をワンストップサービスで作成できるlabelmake.jpはぜひブックマークしておきましょう。

labelmake.jp宛名作成サービス

スマートレター6面

テンプレート一覧画面: 郵便局カテゴリー

追跡・補償サービスを使いたいときは定形外郵便の書留サービスを活用する

追跡や補償サービスを使いたいときは、定形外郵便の書留サービスを利用しましょう。

高価なネックレスを送る場合、万が一のトラブルも避けたいところです。スマートレターは追跡や補償サービスがありません。

金銭面のリスクヘッジをしておきたい方は定形外郵便を書留で送るようにしましょう。

(参考)一般書留・簡易書留の概要

| 一般書留 簡易書留
追跡サービス あり あり
料金 +435円(基本料金に加算) +320円(基本料金に加算)
補償 10万円まで

さらに5万円ごとに+21円(上限500万円)
5万円まで

ネックレスを発送するときの梱包方法

ネックレスイラスト

次にネックレスの梱包方法について紹介していきます。

梱包に必要な資材

まずはネックレスに必要な梱包資材を調達しましょう。

**ネックレスに必要な梱包資材は、封筒、OPP袋、プチプチ、専用台紙の4つです。**ひとつずつ紹介していきます。

以下のページで資材の特集をしております。ぜひご活用ください。

→**高コスパで便利な梱包材を探す**

①封筒

まず必要な資材は封筒です。

今回はスマートレターでの発送を想定していますので、専用封筒を購入しましょう。 スマートレターの封筒は郵便局で購入できます。それ以外に、以下のコンビニで購入ができます。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート

セブンイレブンとファミリーマートは一部店舗のみの取り扱いなので、事前に取り扱っているかお店に確認しておきましょう。

②OPP袋

次に必要な資材はOPP袋です。

OPP袋は水濡れ防止のために必要不可欠な資材です。発送相手に丁寧な印象を与えることもできます。ネックレス梱包用に細長いものを使用しましょう。

③プチプチ

3つ目に必要な資材はプチプチです。

プチプチは衝撃防止に必要です。配送時の揺れに対して、封筒内で揺れ動くリスクを減らす役割もあります。

④専用台紙

最後に必要な資材が専用台紙です。

専用台紙はネックレス専用のものを使いましょう。専用台紙を使うことでネックレスの傷みを防ぐことができます。

何より、台紙のあるなしで発送時の見栄えが全く異なります。必ず使用するようにしましょう。

梱包手順

それでは次に梱包手順を紹介していきます。

①専用台紙に貼り付ける

**まずはネックレスを専用台紙にセットしましょう。**もしネックレスのチェーン部分が長く余裕がありすぎるようならテープで貼り付けるようにしましょう。

②水濡れ防止をする

次にネックレスをOPP袋に入れて水濡れ防止をします。

③衝撃防止をする

**次にOPP袋に入れたネックレスをプチプチでくるんで衝撃防止をしていきます。**発送時にズレが無いように、気持ち厚めに巻くようにするのがコツです。

④封をする

最後に封筒へネックレスを入れて封をすれば梱包終了です。

ネックレス発送に必要な送り状を作成する

送り状イラスト

梱包が無事に終了したら送り状の作成に移りましょう。

宛名作成サービスを利用するメリット

送り状の作成にはインターネットの宛名作成サービスをぜひ活用してみてください。 以下が代表的なメリットです。

  • データ入力すれば良いため、手書きでいちいち書く必要が無い
  • 複数枚の作成ができるため大量発送に向いている
  • データ保存しておけば、送り状を使いまわしできる

オススメの宛名作成サービスはlabelmake.jp

宛名作成サービスはいくつもあるので、どれを利用すれば良いか迷ってしまうと思います。

そんな方にはぜひlabelmake.jpのサービスがオススメです!メリットを紹介していきます。

①無料で利用できる

labelmake.jpサービス価格表

なんと言ってもlabelmake.jpは無料で利用できる点がメリットです。

無料のフリーおよびフリークラウドでも月15枚まで印刷が可能ですので、 利便性抜群です。プロクラウド版になると月980円で制限なしで印刷が可能となります。

利用プランと料金について

②ブラウザ上に直接入力できる

labelmake.jp送り状作成イメージ

labelmake.jpのサービスはブラウザ上で直接送り状を作成できます。

そのため、PC初心者でも気軽に作成できますし、何より出来上がりのイメージがわきやすいです。

以下のサイトで宛名ラベルのテンプレートがまとめられています。ぜひ活用してみてください。

宛名ラベルテンプレート

③スマートレターに特化した送り状作成ができる

labelmake.jpはスマートレターに特化した宛名作成サービスを利用できます。

スマートレターは6面と、一括で複数の送り状作成ができます。複数人の一括発送したい時にもとても便利です。

スマートレター6面

テンプレート一覧画面: 郵便局カテゴリー

④主要なネットショップと連携している

ネットショップイメージ

labelmake.jpは主要なネットショップと連携を行い、宛名ラベルの作成ができます。

注文情報から送り状を作成できるので、以下のネットショップを利用している方はぜひ活用してみてください。

まとめ

  • ネックレスの発送はスマートレターを利用する。
  • 追跡・補償サービスをつけたい場合は定形外郵便+書留サービスを利用する
  • ネックレスを梱包するときはネックレス用の専用台紙・OPP袋を利用する
  • ネックレスの送り状作成はlabelmake.jpのサービスを活用する

いかがでしたでしょうか?

ネックレスは見栄えよく発送する必要があるので、専用の梱包資材の調達が大事です。また、発送時にはスマートレター等を活用して厚みに余裕がある発送方法を選ぶことが重要です。

今回の記事を参考に、ぜひ発送にチャレンジしてみてくださいね。

主要なネットショップとの連携で注文情報から宛名ラベルを楽々作成!

BASE利用の方はこちらから

カラーミーショップ利用の方はこちらから

Shopify利用の方はこちらから

シェア

関連記事

宛名ラベル,ビジネス書類,バーコード(QRコード)など
効率的に作成し時間短縮!

早く仕事を終わらせたい?まずは試そう!

梱包材特集 お得情報まとめ
利益率と印象を改善!

梱包・発送で損してない? 30秒で確認!