初めての方:labelmake.jpとは?

カタログのお手軽発送方法!初心者でも簡単にできます! - 2020/11/21

カタログのお手軽発送方法!初心者でも簡単にできます!のサムネイル

カタログを発送する時にオススメの発送方法についてまとめました。オススメの発送方法以外にそのほかの発送方法についても記載しておりますのでカタログの発送方法でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。

はじめに

販売促進に欠かせないのがカタログ。せっかく良いカタログができたら、数多くの方に発送したいですよね。
電子カタログも増えてきていますが、目当ての商品以外も目に入り、購買意欲を高めやすい紙のカタログにはまだまだ需要があります。発送費用を抑えつつ手軽に多くの方へ発送できる方法はぜひ知っておきたいところ。
今回の記事では、カタログのオススメ発送方法や発送上の注意点について紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

カタログの発送方法はレターパックがおすすめ

カタログの発送方法はレターパック

いきなり結論ですが、カタログの発送にはレターパックがオススメです!
レターパックのメリットを紹介していきます。

全国一律料金で発送可能

全国一律料金で発送可能

郵便局 レターパック:https://www.post.japanpost.jp/service/letterpack/index.html#main

レターパックは全国一律で発送料金が決まっています。郵便受けに配達されるレターパックライトは370円、対面配達のレターパックプラスは520円です。発送する地域に応じた料金変動に頭を悩ませる必要が無い点は魅力的ですね。 また、レターパックライトは厚さ3センチ、重さ4キロ、A4サイズ以内であれば発送可能ですので、カタログの発送規格にも適しています。 3センチ以上のカタログを発送する場合は、厚さ制限のないレターパックプラスがオススメです。

追跡サービスで郵便物の配達状況が確認できる

レターパックは郵便追跡サービスを利用して、配達状況の確認を行うことが出来ます。カタログが今どこまで送られているのかがわかると、発送状況に関するクレーム防止にもつながります。

郵便局 郵便追跡サービス:https://trackings.post.japanpost.jp/services/srv/search/

全国のコンビニで購入可能

レターパックは郵便局以外にも以下のコンビニで購入することが出来ます。

  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • サークルKサンクス
  • セイコーマート
  • セブンイレブン(一部のみ)

覚えるのが面倒な方は、「レターパック買うならローソン!」とだけ覚えておきましょう。 セブンイレブンは一部店舗のみでの取り扱いのため、電話などであらかじめ確認しておくようにしましょう。

ポスト投函でも発送できる

郵便局窓口以外でもポストに直接投函すれば発送をしてくれます。郵便局の営業時間外でも手軽に発送できる点は、大きなメリットと言えるでしょう。発送量が少なく、郵便局まで行く時間が無いという方はぜひ活用しましょう。

信書の送付ができる

カタログそのものは信書には当たりませんが、個人名が書かれた納品書や表彰状といった書類は信書扱いとなります。ゆうメールなどの一部のサービスでは信書を送ることができませんが、レターパックは発送が可能となっています。 信書の概要については、別記事にまとめておりますので、ぜひ参照してみてください。

「罰金300万円!? 2020年版 信書とは? 仕事で書類を発送する際に知っておくべきこと+送る方法」

レターパック各種の宛名は下記のリンクから作成を行うことができます。

レターパック テンプレート で作成する

レターパックライト テンプレート で作成する

レターパックプラス テンプレート で作成する


レターパックでカタログを送る際の注意点

レターパックでカタログを送る際の注意点

とても便利なレターパックですが、発送する上で注意しておく点があります。

損害賠償の対象外となる

書留郵便であれば、現金以外のものは10万円を限度額として保証されますが、レターパックは損害賠償の対象外となります。 一度に発送するコストが多額の場合は、損害賠償保障のある配送方法の利用を検討しても良いでしょう。

A4よりも大きな書類サイズは送ることが出来ない

レターパックはA4サイズの書類送付を想定して作られています。もし折り曲げることが出来ない請求書を送る場合は、ゆうメールなどの、より大きなサイズでも発送可能な方法を検討しましょう。


そのほかの請求書の発送方法

サイズや重さ超過などの理由でレターパックが使えないという方のため、他の発送方法を紹介します。

ゆうメール

<メリット>

  • 料金が全国一律で、180~350円の範囲で取り扱ってくれる

ゆうメール料金

  • 長辺34センチ、短辺25センチ、厚さ3センチのサイズまで取扱い可能
  • 着払い対応もできる
  • 追跡サービスが利用できる

<デメリット>

  • 重さ制限が1キロまでなので、重いカタログの配送には不向き
  • 日曜祝日の配送は行っていない

クロネコDM便(ヤマト運輸)

<メリット>

  • 長辺34センチ、短辺24センチ、厚さ2センチまでなら取扱い可能
  • 最大で1個167円とリーズナブル
  • 追跡サービスが利用できる
  • 土日祝日でも配達される(時間指定不可)

<デメリット>

  • 重さ制限が1キロまでなので、重いカタログの配送には不向き
  • 信書発送の対応はしていない

まとめ

  • カタログの発送はレターパックがオススメ
  • レターパックはコンビニ購入やポスト投函が出来るので、利便性に優れている
  • A4サイズで1キロ程度のカタログであれば、ゆうメールやクロネコDM便もリーズナブル

いかがでしたでしょうか? それぞれの発送方法のメリット・デメリットを確認の上、ご自身に合ったものを選んでみてくださいね。 最後にレターパックの宛名作成サイトのURLを掲載いたします。 カタログは大量発送をすることが多い商材なので、宛名作成サービスをフル活用して、宛名作成の時間を削減するようにしましょう!

レターパック各種の宛名は下記のリンクから作成を行うことができます。

レターパック テンプレート で作成する

レターパックライト テンプレート で作成する

レターパックプラス テンプレート で作成する

シェア

スポンサードリンク