初めての方:labelmake.jpとは?

アクセサリーの発送はこれでもう大丈夫!!アクセサリーの発送方法をまとめました。

公開: 2020/12/13

アクセサリーの発送方法で困った人はいないでしょうか?minne等ハンドメイドアプリの登場もあり、自作のアクセサリーを発送する人もいるかと思います。 そこで、今回、アクセサリーの様々な発送方法をまとめました。これをみれば、アクセサリーの発送の発送方法をしっかり理解できるでしょう。

1.はじめに

自分で作ったアクセサリー等を発送することはありませんか?ハンドメイドの販売などもできるminne・Creema等の登場により手軽に自作のアクセサリーを販売しやすくなっているため、アクセサリーを発送する機会も多いのではないでしょうか?そこで、今回アクセサリーの発送方法について紹介していきます。

最初に大事なポイントをお伝えすると、アクセサリーの発送方法では、レターパックが最もおすすめです。レターパック以外にも様々な発送方法を取り上げているので、こちらの記事で比較検討してみてください。


2.レターパックのアクセサリーの発送ポイント

レターパックライト/プラス

  • 全国一律料金で発送可能
  • 追跡サービスで郵便物の配達状況が確認できる
  • 全国のコンビニで購入可能
  • ポスト投函でも発送できる
  • 外装材の準備が必要ない

全国一律料金で発送可能

レターパックは全国一律で発送料金が決まっています。郵便受けに配達されるレターパックライトは370円、対面配達のレターパックプラスは520円です。発送する地域に応じた料金変動に頭を悩ませる必要が無い点は魅力的ですね。

どちらもA4ファイルサイズの発送物であれば収容することができます。アクセサリーは小さいものが大半のため、レターパックライトで事足ります!

郵便局 レターパック


​追跡サービスで郵便物の配達状況が確認できる

レターパックは追跡サービスを利用して、現在の配達状況を確認することができます。アクセサリーが今どこまで送られているのかがわかるため、発送についての不安も少ないでしょう。

郵便局:郵便追跡サービス


​全国のコンビニで購入可能

次に、全国のコンビニやネットショップでも購入でき、事前にストックしておくことができるため、大変おすすめです。コンビニではファミリーマート等一部のコンビニで扱っていないところもあるため、事前に電話で確認しておくといいでしょう。 また、郵便局のネットショップで購入する場合、5000円以上ご購入で送料無料になります。レターパックは20部セットで送料無料で購入できるため非常におすすめです。

レターパックのご購入は以下のリンクから

レターパックライト / レターパックプラス


​ポスト投函でも発送できる

レターパックはポストに直接投函すれば発送可能なため、窓口に行く必要がありません。郵便局の営業時間外でも手軽に発送できる点は、大きなメリットと言えるでしょう。発送量が少なく、郵便局まで行く時間が無いという方はぜひ活用しましょう。


外装材の準備の必要が無い

定形外郵便などでレターパックを発送する場合は、段ボールなどの外装材を用意する必要があります。レターパックは紙製の封筒よりも頑丈なため、外装材を購入する必要がないため、梱包の余計な手間を省くことができます。


​3.レターパックでアクセサリーを送る際の注意点

注意ポイント

アクセサリーの発送にとても便利なレターパックですが、注意しておく点もあります。


​・損害賠償の対象外となる

書留郵便であれば、現金以外のものは10万円を限度額として保証されますが、レターパックは損害賠償の対象外となります。

そのため、高額なアクセサリーを発送する場合、損害賠償保障のある配送方法の利用を検討しても良いでしょう。


​・衝撃にはやや弱い

レターパックは紙製の封筒であるため、衝撃にはやや弱い作りになっています。

衝撃に弱いものを送る場合、梱包をきちんと行う・郵便窓口で発送するなど注意して扱うように心がけた方がいいでしょう。

レターパックプラス宛名作成

レターパックライト宛名作成

ここまでアクセサリーを発送する場合のレターパックの発送のポイントや注意点を紹介してきました。 レターパック以外にはどんな発送方法があるのでしょうか? まずは、定形外郵便を紹介していきます


4.定形外郵便でアクセサリーを発送する

定形外郵便の基本情報は以下の写真と表の通りです。

定形外郵便規格内

定形外郵便の基本情報
送料 120~580円
重量 50g~1㎏以内まで対応可
縦・横・厚みのサイズ 34cm×25cm×3cm
追跡(書留) 有料オプションにより付帯可能
補償 有料オプションにより付帯可能

定形外郵便規格内の発送は厚さ3cm以内で、送料は重さごとに決められています。アクセサリーは100g以内で収まると考えられるので、送料はだいたい140円程度と考えて問題ないでしょう。ただし、高額なアクセサリーを発送する場合、万が一、商品本体が破損するなど発生しないように、補償付きのサービスを付けておくのがいいでしょう。

定形外郵便では、損害賠償をはじめとした有料オプションの付帯もできます。 有料オプションは以下の表のようになっています。

サービス名 追加オプション 送料
特定記録 差し出した記録を残す 160円
一般書留 荷物の記録+実損額の賠償 435円
簡易書留 差出人と配達のみ記録+5万円までの実損額賠償  320円

出典:郵便局の書留サービス説明はこちら

こちらの表にあるように、アクセサリーの発送の差し出し記録のみを残したいなら、特定記録を利用するだけで問題ないでしょう。 しかし、高額のアクセサリーを発送したいと考えた場合、損害賠償付きの有料オプションをつけることをおススメします。なぜかというと、レターパックも含めて郵便局の発送方法の大半は損害賠償サポートがありません。そのため、一般書留か簡易書留を追加することで破損等が起こった場合の賠償サービスがあると安心して発送できるでしょう


5.ゆうパケットでアクセサリーを発送する方法

ゆうパケットの発送方法についてまとめました。ゆうパケットの発送の基本情報は以下の写真の通りです。

ゆうパケット発送規格

こちらの写真にある通り、ゆうパケットは厚さによって料金が3種類に別れています。それでは、ここからゆうパケットのポイントを3つ説明していきます。

  • 全国一律料金で発送可能
  • ポスト投函でも発送できる
  • 追跡サービスを利用して発送状況を確認できる

全国一律料金で発送可能

先ほどの写真にあるように、ゆうパケットは厚さによって発送料金が設定されているため、全国一律料金で発送することができます。 アクセサリーは厚さ3cm以内・重さ1kg以内で十分収まるので、問題なく発送することができます。


ポスト投函でも発送できる

郵便局の窓口で発送手続きをしなくて済むため、24時間発送可能です。日曜・祝日も配達できるので、いつでも発送できます。

labelmake.jp ではゆうパケットの宛名作成も行うことができます。

ゆうパケットの宛名作成はこちらから


​追跡サービスで郵便物の配達状況が確認できる

ゆうパケットは追跡サービスを利用して、現在の配達状況を確認することができます。そのため、発送についてのクレームも抑えることができるでしょう。

配達状況を確認したい方はこちら


6.フリマアプリでアクセサリーを出品している場合

フリマアプリ発送方法

最後に、メルカリ等フリマアプリを利用している方はこちらの記事も確認ください。 様々な発送方法を一覧表にまとめているので、発送方法を比較検討したい人にもおすすめです。

メルカリをお使いの方は

メルカリでアクセサリーを出品し、発送する場合は

  • ゆうゆうメルカリ便
  • らくらくメルカリ便

を利用することでお得に発送することができます。

下記の記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

メルカリ利用者必見! お得+効率的な配送方法まとめ


ラクマをお使いの方は

アクセサリーをラクマで出品して発送する場合は

  • かんたんラクマパック

を利用することでお得に発送できます。

下記の記事でまとめていますのでチェックしてみてください。

ラクマ利用者必見! お得+効率的な発送方法まとめ


7.まとめ

ここまでのポイントをまとめておきます。

  • アクセサリーを発送する場合、一番おススメはレターパック
  • コンビニやネットショップでの購入、ポスト投函もできるため利便性に優れている。
  • 高額なアクセサリーの場合は書留などの損害賠償付きの発送方法を検討する

アクセサリーの発送は重さも軽く、基本的に小物のため、発送手段が色々あるかとは思います。一番抑えておきたいポイントは利便性が高く、迅速に発送できるかどうかです。併せて、発送トラブルを避けるための様々なサポートがあるかどうかも考慮に入れた方がいいでしょう。

最後にレターパック・ゆうパケットの宛名作成サイトのURLを掲載いたします。 宛名作成のサービスを活用して、納品書の発送をさらに楽にしましょう!

レターパック テンプレート で作成する

ゆうパケットの宛名作成はこちらから

テンプレート一覧はこちらから!(様々な用途に合わせたものをご用意しています)

シェア

labelmake.jp宛名ラベルビジネス書類バーコード(QRコード)などを効率的に作成できるツールです。

まずは試そう!