初めての方:labelmake.jpとは?

発注書のテンプレートはlabelmake.jpを利用しよう!Webから会員登録不要でお手軽作成! - 2021/01/23

「発注書を作って仕事を頼むことになったけれど、Webで手っ取り早く作るにはどうしたらいいの?」今回はこんなお悩みをお持ちの方に向けて、発注書のおすすめテンプレートサービスの紹介や発注書作成で押さえておきたいポイントを紹介します。

発注書のテンプレートはlabelmake.jpを利用するのがおすすめ!

発注書のテンプレートサービスをお探しの方にはlabelmake.jpのサービスを利用するのがおすすめです。

ビジネスシーンで利用できるテンプレート一覧はこちら!

発注書テンプレート

発注請書テンプレート

以下にて、labelmake.jpのサービスの特徴を紹介していきます!


・会員登録不要ですぐにサービスを利用できる

labelmake.jpのサービスの特徴として会員登録が不要である点が挙げられます。

発注書の無料テンプレートサービスを行えるサイトはいくつもありますが、どれも会員登録が必要であることが多いです。

会員登録の手間を考えると、labelmake.jpの発注書テンプレートサービスが一番 手っ取り早く作成できるでしょう。


・ブラウザで直接入力できるので、初心者にもおすすめ

labelmake.jpでは、ブラウザに表示された書式に直接必要事項を記入するだけでWeb上で発注書の作成ができます。

視覚的にもわかりやすいため、はじめて発注書を作るという方にもおすすめです。


・スマートフォンでも作成できる

labelmake.jpの発注書テンプレートはスマートフォンでも利用できます! 外出先でパソコンが使えないけれど、取り急ぎ発注書を作りたい!という方には特におすすめですね。


・エクセル形式での入力が可能

発注書イメージ

labelmake.jpは、「見たまま(1枚)」と「一括(複数枚)」とで作成機能を選択できます。一括機能を使うとエクセル形式で入力が可能です。

あらかじめデータさえあれば、エクセルから直接コピペするだけで作成が行えます。 それだけでなく、一度に10枚まで一括で無料作成ができます。

なお、月額980円(税別)のプロクラウドサービスを利用すれば、最大で100枚もの一括作成を行うことができます。

labelmake.jp プランと料金


・見積書などの関連書類のテンプレートサービスも豊富!

発注書を日常的に使う場合、見積書や領収書などの他のビジネス関連書類を使う機会も多いと思います。

labelmake.jpでは、発注書以外のテンプレートサービスも豊富に取り扱っています。一つのサイトのサービスで、ビジネス書類の作成が完結できるという点は大きなメリットですね !

ビジネスシーンで利用できるテンプレート一覧はこちら!


発注書とは?

発注書は、発注者・受注者側で業務の見積もり額を確認後に作成を行います。

正式に業者へ業務発注を行ったことを証明する大切な資料となります。「注文書」と呼ばれることもありますが、基本的な役割は同じものになります。

発注書を受け取った受注者は、発注承諾の証明として「発注請書」の作成を行うことが 必要となる場合があります。どちらもlabelmake.jpのテンプレートサービスで作成可能です。

発注書テンプレート

発注請書テンプレート


発注書を作らなければいけないワケ

「発注額の確認がお互いにできていても、発注書の作成はしなくちゃいけないの?」こんな疑問をお持ちの方もいるかと思います。

金銭が絡む以上は、なるべく発注書の作成はしましょう!というのが結論です。発注書の作成をお考えの方は以下の理由をチェックしておきましょう。


・仕事を請け負う側へ安心感を与えることができる

業務間取引はもちろん、個人間契約でも、発注書は作成できるようにしておくと安心です。最近ではクラウドワーキングなどを通して個人間契約で仕事をする方も増えてきました。それに伴い、金銭受注に関するトラブルも増えてきています。

発注書を出すことで「業務の対価として、相手はちゃんと指定の金額を出す意思があるんだな」と受注者側への安心感・信頼感を築くことにつながります。

私自身も個人間契約でライター業務をする機会があるため、正式な書類の取り交わしが行えると安心することが多いです。受注者に気持ちよく仕事をしてもらうためにも、正式な書類の取り交わしをしておくに越したことは有りません。

また、受注者が個人の場合、確定申告の際の必要書類として発注書が必要となる場合があります。いざ作成を求められ場合にそなえて、作成方法を知っておくようにしましょう。


・法令違反を防ぐため

下請法では、親事業者は下請事業者に対して製造委託などをした場合には、下請代金や支払期日などを明記した書面を下請事業者に交付しなければなりません。

下請が発生する契約においては、法令で発注書などの書面が必須となるため、かならず作成を行いましょう!


発注書で必ず押さえておきたい5つのポイント

次に発注書の作成テンプレートを使うにあたって、必ず記載が必要となるポイントをまとめてみます。

以下の5つのポイントは国税庁によって記載が求められている項目なので、金銭・個数の多寡を問わず、必ず記載するようにしましょう!


①書類作成者の氏名又は名称

発注者の社名・住所・電話番号などを記載しましょう。


②発注日

発注書の発行日や締め日を記載しましょう。


③取引内容

発注する商品名、単価、数量などの詳細を記載していきます。


④取引金額(税込)

税込での発注金額の合計を記載していきます。

※ 軽減税率が適用される取引が含まれる場合、軽減税率8%と10%を区別できるよう内訳を記載しましょう。


⑤発注先の氏名又は名称

発注書を送る相手(受注者)の氏名や会社名を記載します。


labelmake.jpの発注書テンプレートサービスを実際に使ってみよう!

実際にlabelmake.jpのテンプレートサービスを使って発注書を作ってみました!


①青色の波線部分に必要事項を記入していく

発注書のテンプレートサービスにアクセスしたら、青色の波線部分に必要事項を記載していきましょう。

発注概要部分の書き方

発注書イメージ

まずは、記入例を参考にしながら、発注の概要部分を記載していきます。

項目 入力例 備考
[見積先]会社名 株式会社listmake.jp 御中 受注者の社名を記載
[見積先]担当者名 東京都 出得太 様 受注担当者の氏名を記載
件名 印刷代一式御見積書
発注№ 1 複数回取り交わす場合は連番にしておくと楽です
発注日 2020/01/01
[発注元]会社名 株式会社labelmake.jp 自社名を記載
[発注元]住所 〒123-4567大阪府大阪1-2-3-4 大阪マンション123号
[発注元]TEL 000-000-0000
[発注元]FAX 000-000-0000
[発注元]Email info@labelmake.jp
[発注元]担当者名 大阪府 出得太
納期 別途ご相談 納期が未定の場合は入力例のように記載
支払い条件 月末締め翌月末払い
見積№ 1 発注No.と番号を揃えておくと管理が楽です

金額部分の書き方

発注書イメージ

次に金額部分を記載していきましょう。金額に間違いが無いようにダブルチェックするようにしましょう。

項目 入力例 備考
合計金額 19140円 金額欄の「合計」と差異が無いように確認
品目 商品A,B,C 発注商材に固定の名前がなければ記載例のように記載
数量 1個,2個,10個
単価 ¥1000,¥700¥1500 品目の1つあたりの金額を記載
金額 ¥1000,¥1400,¥15000 数量と単価を掛け合わせた金額を記載
小計 ¥17400
消費税 ¥1740 軽減税率対象の商材を取り扱う場合は税率8%で計算
合計 ¥19140
備考 ご質問等がございましたら、いつでもお問い合わせください。

②レイアウトを調整する

次に発注書のレイアウト編集を行います。必要ない場合は③の項目に飛んでも構いません。


・レイアウトの編集画面へ移動する

発注書イメージ

まずは、「書式編集」を押して、編集画面に移ります。


・レイアウトの書式を編集&保存する

発注書イメージ

画像のように、各種編集を行います。

書式は「マイページ」からいつでも呼び出すことができます。

編集が終了したら「書類作成」をクリックして、書式作成画面に戻ります。


③好きな保存形式を選んで作成

発注書イメージ

最後に、好きな保存形式を選択して、発注書の保存を行います。



会員登録不要だから、データを残せないのでは…?と悩む必要はありません。labelmake.jpの発注書テンプレートサービスでは、 好きな時に好きなレイアウトで発注書のお手軽作成を可能にしています。

記入例や使い方ガイドも備えているため、初心者でも困ることなく作成が できそうな印象を受けました!


まとめ

いかがでしたでしょうか?

副業の普及などにより、発注書の需要はこれからますます増えることが予想されます。labelmake.jpの発注書テンプレートサービスを有効に活用したいところですね。

今回ご紹介したサービスのリンクを貼っておきますので、ご自身でも体験してみてくださいね!

ビジネスシーンで利用できるテンプレート一覧はこちら!

発注書テンプレート

発注請書テンプレート

シェア

labelmake.jp宛名ラベルビジネス書類バーコード(QRコード)などを効率的に作成できるツールです。

まずは試そう!