【保存版】ネットショップの作り方 4選をそれぞれ解説

公開: 2021/02/24

【保存版】ネットショップの作り方 4選をそれぞれ解説のサムネイル

皆さんはネットショップの作り方をご存知でしょうか。作り方のイメージはあるものの、具体的には分からないのではないでしょうか。 今は初心者でも簡単にネットショップを開業できる時代です。作り方を理解して、ネットショップを開業していきましょう。

ネットショップの作り方は4つの方法に分かれる

ネットショップの作り方の種類

ネットショップの作り方は大きく分けて以下の4つです。

  • ネットモール
  • ショッピングカート
  • Webサイト公開サービス
  • 自前でのWebサイト作成

それぞれについて解説します。

1.ネットモール

ネットショップが集まったWebサイトへ出店するもので例えば以下が該当します。

ショッピングモールに様々なテナントがあるように、Webサイトの一部を借りて出店するイメージです。

メリットは初心者でも簡単に利用できる点です。多くの機能が分かりやすく提供されていますので、「ネットショップの作り方があまり分からない」という人でも安心して利用できます。また、Amazonや楽天市場、Yahoo!などは有名であり、知名度の高いWebサイトに出店できる作り方でもあります。

ネットショップを開業してすぐは集客が課題となりやすいです。そのような課題をショッピングモールであれば知名度の高さで簡単に解決できます。

デメリットは全体的にコストが高くなってしまう点です。有名なWebサイトということもあり、出店費用や決済手数料が高くなる傾向があります。また、ポイントの原資などを負担する必要があり、細かなコストが積み重なって差し引かれてしまいます。


2.ショッピングカート

ネットショップの機能を借りてネットショップを作成する作り方で例えば以下が該当します。

メリットはコストを抑えて多くの機能が利用できる点です。ネットモールは機能が多いものの費用が高額でしたが、ショッピングカートは無料や安価で利用できます。利益を高めやすいメリットがある作り方です。

また、それぞれのショッピングカートが独自の機能を提供しています。基本的な機能は同じようなものですが、機能を比較しながら自分のネットショップに適したものを選択しやすくなっています。

デメリットは集客力が問われる点です。基本的にショッピングモールのようにWebサイトのブランド力はありません。そのため、勝手に利用者がアクセスしてくることは無く、自力で集客しなければなりません。ただ、ブランド力がない代わりにコストが抑えられますので、バランスが取られていると考えると良いでしょう。


3.Webサイト公開サービス

簡単にWebサイトを公開できるサービスでネットショップを作る作り方で例えば以下が該当します。

メリットはWebサイトの作成が簡単である点です。本来自分でWebサイトを作成すると専門知識が必要ですが、このようなサービスではほとんど必要とされません。最初からネットショップ向けのテンプレートも用意されていて、初心者でもチャレンジできる作り方となっています。

デメリットは場合によってWebサイト公開の費用がかかったり機能に制限がかかったりする点です。まず、サービスを利用させてもらっていますので、**場合によっては費用がかかります。**また、サービスで提供されていない機能は導入できない可能性があります。「ネットショップにこんな機能を追加したい」と思いついても、制限上難しい場合がある作り方です。


4.自前でのWebサイト作成

自分でネットショップ用のWebサイトを作るものです。WordPressなどWebサイト作成用のツールを使った作り方もあれば、専門業者にイチから頼む作り方もあります。自由度は高いですが、専門的な知識が必要となったり外注するお金がかかったりします。

メリットは自分の好きなようにネットショップが作れる点です。**デザインは自分の好きなように作れますし、機能も自分の必要なものを導入できます。**また、決済業者なども自分で選択が可能であり、運営に必要なコストを自分で調節しやすくなります。

デメリットは作成にコストがかかる点と手間がかかる点です。専門的な知識が必要となりますので、勉強するとなれば時間的コストがかかります。もし外注するとなると金銭的なコストが必要となります。

また、決済を導入するなど各種手続きを自分で行う必要があり手間がかかります。ショッピングモールやショッピングカートは手続きが簡単になるような機能がありますが、そのようなものがなく全て自分で対応しなければなりません。

初心者におすすめはネットモール

ネットショップ作り方のおすすめ

初心者におすすめの作り方はネットモールです。少々コストはかかってしまいますが、必要な機能が揃っていて集客力が高いメリットがあります。

ネットショップを開業するにあたり、難しいのは集客です。ネット以外に宣伝する手段がある場合は別ですが、そうでない場合は集客力の高い作り方を初心者は選びましょう。

ネットモールで安定した売上があれば、ステップアップして別の作り方を試していくのも良いでしょう。

まとめ

ネットショップ作り方のまとめ

ネットショップには大きく分けて4つの作り方があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、それぞれを理解してもらうようにしましょう。

初めてネットショップを作るのであれば、ネットモールを利用した作り方がおすすめです。必要な知識は最小限に抑えられ、なおかつ様々な機能を提供してもらえます。

**ネットショップの運営に慣れたならば、ショッピングカートを利用したり独自にサイトを構築する作り方がおすすめです。**自社に最適なデザインで十分な機能を提供できるようになります。

シェア

関連記事

宛名ラベル,ビジネス書類,バーコード(QRコード)など
効率的に作成し時間短縮!

早く仕事を終わらせたい?まずは試そう!

梱包材特集 お得情報まとめ
利益率と印象を改善!

梱包・発送で損してない? 30秒で確認!