ネットショップのアクセサリー販売術徹底解説!成功の鍵はターゲット設定!

公開: 2021/06/13

ネットショップのアクセサリー販売術徹底解説!成功の鍵はターゲット設定!のサムネイル

アクセサリーはファッションに興味のある多くの人が必要としています。ターゲットが広い分、販売には工夫が必要です。アクセサリーショップの持つ特徴を知って、お客様に愛されるお店を作りましょう。

アクセサリー販売の特徴とは

アクセサリー販売

アクセサリーショップのターゲットは老若男女を問いません。
なりきりアイテムのような子ども向けのおもちゃもありますし、中高生がおこづかいの範囲で買える安価なものも多くあります。シルバーアクセサリーは男性にも人気が高いですね。
大人の女性なら高価なジュエリーも定番となりますが、20代と50代では主な利用シーンが違ってきますし、パワーストーンやハンドメイドのジャンルにもそれぞれ別のファン層がいます。

種類も幅広いです。指輪やネックレス、ペンダント、ブレスレットやピアス。コサージュ、ブローチ、アンクレット。髪留めや時計、サングラスなども含みます。
ターゲットをしっかりとしぼりこみ、それにあわせた商材選択が重要となるでしょう。

アクセサリーの売れ筋は流行や季節のイベントに大きく左右されます。
SNSなどのインターネットサイトはもちろん、テレビや雑誌での情報収集は欠かせません。
インフルエンサーの〇〇がつけていた、というだけで同じ商品が即完売した、ということもあるので、トレンドに対する感度の高さも必要です。

アクセサリーは生活必需品ではないので、回転率は悪くなりがちです。
しかし、流行の影響を受けやすい以上、無策のままではデッドストックが増えてしまいます。回転率の向上がネットショップ運営上の課題となるでしょう。
アクセサリーショップは少量多品種の品ぞろえが基本ということもあり、仕入れと在庫のバランス調整が重要となります。
とはいえ、小物が多いため、比較的商品管理はしやすく、副業にも向いている商材といえるでしょう。

アクセサリーの仕入れと商品画像準備のコツ

仕入れ

アクセサリーのネットショップで利益を上げるためには、仕入れルートに工夫が必要です。
NETSEA(ネッシー)スーパーデリバリーといった仕入れサイトでもアクセサリーは豊富に仕入れることができますが、ライバルが多いため、差別化が難しくなります。
ショップの個性を出すために、思い切って
問屋街
で仕入れをしてみましょう。東京なら浅草橋、大阪なら船場が有名です。

さらに珍しいものを求めるなら海外にも目を向けてみましょう。中国や韓国、東南アジアからの輸入です。
商品サイズの小さいアクセサリーは輸送コストが抑えられるため、輸入に向いています。また、国内の卸問屋よりも安く仕入れることができるので、利益の取れる仕入れ方法ともいえるでしょう。積極的に挑戦したいところです。

インターネットを使って輸入してもよいですが、より安く、大量に仕入れるには現地に買い付けに行くのが一番です。(現在はコロナ禍の影響で海外への渡航が難しいですが…。)
輸入代行業者などが仕入れツアーを主催していることがありますので、こういったツアーで海外での仕入れスキルを身につけるのもよいでしょう。

アクセサリーの販売では商品画像が特に重要となります。写真写りにはこだわって撮影しましょう。とはいえ、イメージ違いはクレームの元となりますので、過度な補正はNGです。
特に色味は商品の自然な色が表現できるよう気をつけましょう。撮影の時点でそうなっていることはもちろんですが、サイト閲覧者のディスプレイによって誤差も出ますので、文章でも色味を表現できるようにしておきたいですね。

ネットショップでは購入前に商品を手に取ることができません。商品画像は正面からだけでなく、色々な角度から撮影し、できるだけお客様のイメージと齟齬がでないよう気をつけましょう。使用感がわかるように着用画像があると大変良いですね。

撮り直しは非常に手間なので、最初にたくさん撮っておくことがベストです。
販売ページに使用するものはもちろん、SNSにアップするためのものバナーなどに加工するためのものあらかじめ画像が必要となる場面を考えて、計画的に撮影することがおすすめです。

アクセサリーのネットショップは「BASE(ベイス)」がおすすめ

BASE

アクセサリーでネットショップを開設するなら、BASEカラーミーショップ、**Shopify**などの独自ショップ型のショッピングカートがおすすめです。
**楽天市場Yahoo!ショッピング**といったショッピングモール型は、集客はしやすいですが、価格競争に陥りやすく、ショップの個性をアピールしにくい欠点があります。
自由度の高い独自ショップ型でショップの世界観を演出し、ターゲットをしぼったお店づくりをしていきましょう。


BASE(ベイス)

BASEは月額利用料無料でネットショップが開設できるショッピングカートシステムです。
利用料無料のショッピングカートは他にもありますが、その中で特にBASEをおすすめする理由は、オプションが豊富で自由度が高いショップを作れるところ。アクセサリー販売と相性のいいオプションも揃っています。


Instagram販売

独自ショップ型のネットショップには、SNSからの集客が欠かせません。アクセサリーショップの場合、特に相性がよいのはInstagramです。ショップ運営と同様に力を入れて運用していきましょう。
InstagramのアカウントとBASEを連携させるとInstagramの投稿から直接BASEの商品ページへお客様を誘導することができるようになります。
Instagramのユーザーは他のSNSよりもアクティブ率が高く、アクションも起こしてくれやすい傾向があります。積極的にファンを育てていきましょう。
なお、BASE には**Instagram広告**のアプリもありますので、攻めの集客をしたいときも頼りになります。

商品説明カスタム

ネットショップの商品ページは画像とテキストの組み合わせが一般的。動画などを埋め込むこともできますが、CSSやHTML、JavaScriptのようなWebページ制作に関する知識が必要です。
このアプリを導入すると、そういった専門知識がなくても、かんたんに動きのある商品ページを作ることができます。
お客様にアクセサリーを購入してもらうためには、商品を身につけたときのイメージをふくらませてもらうことが重要です。商品の魅力をより深く知ってもらうために役立ってくれることでしょう。

宛名印刷 by labelmake.jp

本サイトのサービス**「labelmake.jp」BASEと連携する**ことができます。labelmake.jpは注文情報から宛名ラベルを作成することができるツールです。
**宛名を手書きで書くことはとても面倒な作業。**出荷が増えればその分、時間も多く取られます。ネットショップの仕事は忙しいですから、こういった単純作業は効率的に終わらせてしまいましょう。
特に、小物の多いアクセサリーの商品発送は、ゆうパケットやレターパックの利用頻度が高くなります。このツールによる時短効果は抜群です。


まとめ

アクセサリー

お客様には、性別、年代、趣味、その他、様々な属性の人がいます。
幅広いアイテムがあるアクセサリーだからこそ、範囲を狭めてあげることで、購入しやすい場面もあります。
ターゲットをしぼって、ピンポイントなアプローチができるようなお店づくりをしていきましょう。

BASEの発送を効率化できるBASE x labelmake.jp の連携はこちらから!

シェア

関連記事

宛名ラベル,ビジネス書類,バーコード(QRコード)など
効率的に作成し時間短縮!

早く仕事を終わらせたい?まずは試そう!

梱包材特集 お得情報まとめ
利益率と印象を改善!

梱包・発送で損してない? 30秒で確認!