いつもlabelmake.jpを使ってくれているユーザーさんへ(2019/06)

こういう形式のブログは初めてですが、ユーザーさんとの交流を深めたいと思い、ブログを書いてみました。読んでいってもらえると嬉しいです。毎月くらいのペースで、ゆるく更新していこうかなと思っています。

forusers 2019 06

いつも labelmake.jp を使ってくれているユーザーさん、こんにちわ。 labelmake.jp の開発者です。 そろそろ梅雨ですね〜。雨めっちゃ嫌いなのでかなり嫌です。

今回、この記事で話したいことは3 つあります。

  • 1.フィードバックやコンタクトについてのお礼
  • 2.現在開発を構想している機能についてのお願いや相談
  • 3.これからのサービスの運営について

です。 あまり堅苦しく書くつもりはないので、ご了承いただけると嬉しいです。 それでは本題に入ります。


1.フィードバックやコンタクトについてのお礼

下記のダイアログはみたことはありますでしょうか?PDF が完成した時に出るダイアログです。

pdf完成ダイアログ

今までユーザーさんのフィードバックやコンタクトから、サービスの改善のために

右のフィードバックやコンタクトから感想、アイデア、提案などを送って欲しいです!

と、書いていました。最近すごく嬉しいのですが、フィードバックや、コンタクトがたくさんいただけるんですよね。ありがたいです。

なぜありがたいかというと、このサービスを初めて作った時はたまたま 40 組くらいにレターパックを送る必要があり、その体験が辛すぎてプログラムを書いたのですが、私はそれっきりで、ユーザーさんのようにネットショップなどを運営しているわけではなくて日々の業務などで配送は行なっていません。

そのため、サービスを使いやすくするためには改善のアイデアが欠かせないのですが、私のアイデアは「予想」でしかなく、ネットショップなどを運用しているユーザーさんのアイデアがとても参考になり、日々「なるほどなー」とか「それはいい!」と思っています。

また、お礼のお言葉は励みになります。(たくさんのメッセージのうちの一部を抜粋しています。)

コンタクトからは下記のようなメッセージを頂きました。

          2019 06 16 3 05 43

          2019 06 16 3 04 04

          2019 06 16 3 01 18


右の赤いフィードバックからはこんなメッセージを頂きました。

          2019 06 16 2 59 16

          2019 06 16 2 59 42

          2019 06 16 2 59 29


コンタクトからいただいた連絡に関してはいつもお返事をしていましたが、フィードバックに関してはメールアドレスの入力を任意にしているためお返事ができていませんでした。

ただ、今回を機に、これからもっと多くのメッセージをオープンにしていきたいと思っています。

そして実際、自分が一番不安に思っているのは改善と思っているものが「これは改悪だろ」と他のユーザーさんに思われていないか?という部分もあります。 Web サービスは多くのユーザーが 1 つのサービスを使うため、ポジティブな意見だけになるわけがないからです。なのでネガティブな意見も歓迎します。

リクエスト、レスポンスをもっとオープンにすることで結果的にサービスがもっと良くなると思っていますし、もっと多くのユーザーと意味のある交流ができると思っているからです。

とにかく、いつもメッセージを送ってくれるユーザーさんには感謝しています。

黙って毎日使っている人は親の顔が見てみたいとか思っていませんから!

こちらこそありがとう!!

どのようにオープンにするか?などは別途考える必要がありますが、今イメージしているのはこんな感じ?スーパーとかにある「お客様の声」みたいな感じ。

dgukfvtvwaadc7e


2.開発を考えている機能についての相談やお願い

現在開発を考えている機能は CSV 取り込み機能です。

さきほど話したように、ユーザーさんからの改善からメールを何度かさせていただき、できそうだなと思った機能です。

ユーザーさんの利用シーンは様々ですが、

  • amazon で販売されている方
  • BASE で販売されている方
  • 独自 EC サイトで販売されている方

などを私はお問い合わせいただいた限り把握しております。(他にもどういうケースで使っているか是非教えていただけると嬉しいです。) 上記のサービスなどの注文一覧などから labelmake.jp に入力をしてラベルを作成していると思っていますが、 amazon や BASE などの一般的なサービス上では注文履歴の CSV をダウンロードできることが多いので、その CSV をこちらで変換をかけて、ラベルが作成できるようにしたいと思っています。

また、この機能は前から要望があった「クリックポスト」の対応にもなりうると考えています。 クリックポストのラベルを作成することはクリックポストの利用規約により違反行為とみなされる可能性があり、labelmake.jp では作成は難しいとお断りしていました。 しかし、CSV を変換する処理を使えば下記の画像にあるように、クリックポストの「まとめて申込」を行うことができるためです。

          2019 06 16 3 38 22


そこでお願いがあります。

この機能に対して、意見などがあれば教えていただきたいです。どう思いますか? 使いたいという人が一定人数集まれば実際に開発を行います。

そして、これらの変換を行うにあたり、サービス上での CSV が必要です。 BASE の CSV フォーマットはユーザーさんから個人情報部分を別の文字に置き換えていただき、いただくことができたのですが、amazon からダウンロードできる CSV は持っていません。

このサービスにも対応してほしいというものもあればコンタクトから教えてください。

よろしくお願いします。


これからのサービスの運営について

最後に、これからのサービスの運営についてですが、自分の考えを簡単にお話しできればと思います。 labelmake.jp のコンセプトは

  • Simple
  • Safety
  • Speedy

          2019 06 16 4 37 32

です。 使いたいときにアクセスしたら、誰でも安全に無料ですぐに使えるというのがコンセプトです。

おそらく labelmake.jp のユーザーさんのやりたいことは Excel の住所録と、Word の宛名ラベルを使いこなせばできるでしょう。実際 labelmake.jp は現在はざっくりいうと Excel の住所録と、Word の宛名ラベルを足して 2 で割ったようなキメラです。

でも、このサービスを作った当初、自分は「Excel の住所録と、Word の宛名ラベル」の使い方はどうでも良くて、宛名印刷をする必要があっただけでした。そもそも Excel と Word 持ってないしね。

そして今、サービスを開始して半年くらいたってから月間数千人のユーザーが使っていることが分かり、メッセージをたくさんいただいてきて「これは自分以外の人にもまぁまぁ役に立っている」ということが分かりました。

ここでは 2 つ簡単にお話をさせてください。

コンセプトは変えません。

これからもサービスが維持できる限り、安全に無料ですぐに使えます。 とくにセキュリティに関しては難しいですが、コンセプトはこのままでいきたいです。実際ユーザーさんから一番上がる要望は届け先、差出人情報の保存です。しかし、ログインが必要のない Web サービスでそれらの情報を保存することができるということはセキュリティ的にはかなりまずいです。(ユーザーさんが公共の PC で使ってないという保証がないからです。)そして住所や電話番号など「ザ・個人情報」です。漏洩したら大変なことになります。差出人情報の保存についてはもちろん「あったらめちゃめちゃ便利だろうな」と考えていますが、どのように実現するかについてはまだいくつかの選択肢で迷っています。もしかすると一部のユーザーには同意をとるという形で実現するかもしれません。

サービスの維持について。

Web サービスを運営するのには多少ですが最低限のお金が必要です。そしてフリーライダーの問題もかならず存在します。個人的に使っている Web サービスはほとんどのものが無料です。そういう点では自分自身もフリーライダーです。 しかし、サービスを維持するためにはサービスの運営者はお金と時間がかかるということはご理解いただければと思います。そのために多くのサービスが広告を記載しています。 しかし、labelmake.jp のようなサービスの場合広告を載せると利便性がかなり低下します。(仮に Excel と Word に広告が乗っていたら使う気失せると思う)メディアの場合は広告でその費用を回収しますが、labelmake.jp のようなツールの場合はそのようにはいきません。私が面白いブログを毎日更新できればそこに広告を乗せて費用を回収できるかもしれませんが難しいでしょう。これについては特にアクションプランはないのですが、もしかすると日々業務などで labelmake.jp を法人としてお使いのユーザーさんには協力をお願いするかもしれません。


結構長くなってしましたね....

これからも開発を続けていくので、よろしくお願いします。

それではまた!引き続き labelmake.jp をご利用ください。

...

シェア

タグ

⬅ブログ一覧に戻る